bbs.bis_reedorganclub.jp

スパム投稿多発により、こちらに乗り換えました。
個人情報保護の観点からメルアド公開には十分ご注意を。
リードオルガンを中心としたオルガンの話題を交換していきましょう。
HOME管理用【迷惑書き込みの対処方法】
<お名前:ハンドルネーム歓迎>
<Eメール:公開は慎重に>
<タイトル:入力必須>   
<本文:最大1000文字、自動改行>
( タグの使用不可 )
<文字色> 他の色 # ※色見本
<URL>
<削除パスワード:書込当事者用> (自分の記事を削除・編集時に使用。半角英数字で4-6文字以内)

[ 1 - 20 件を表示 ]
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

[581] 更新感謝  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2019年04月18日 11:26:16  No.581001 [返信]
I P:175.132.146.234
管理人さま;
演奏会情報更新拝見しました。感謝です。
世間はノートルダム大聖堂の火災被害に嘆息しているようですが、
我々のすぐ近くで、明治以来のリードオルガンたちが修復もされず、
ひっそり廃棄の運命を辿っている。
せめて明治村のオルガンがクラウド・ファンディングで修復の運び
になったことをニュース報道して欲しかったなあ。



[580] 堀田オルガンの情報を  投稿者:耕作者  投稿日:2019年04月12日 23:46:15  No.580001 [返信]
I P:220.208.243.75
知人からの依頼で、親類のオルガンを見てほしいとのことで伺いました。蓋裏のラベルに「HOTTA 鷲のマーク ORGAN」と明記、61鍵、1列半笛 ストップ無し、真鍮製リード、製造番号発見できず、内部に検査票「型式3号、堀田楽器製作所 4名の検査印」の記載ありました。形状がやや特異で、ピアノ様でした。多分大袋と小袋が金魚型のように横置きで上下に開閉する形になっており足元はペダルだけで開放状態になっているせいだと思います。知人によると、このオルガンを弾いておられた方は、すでに亡くなられており生きておられれば88歳ぐらいだとのことです。仙台に住まわれていた小さいころに買い与えられたものだということなので戦前のものではないかと言われておりました。しかし、赤井氏の「オルガンの文化史」によれば、堀田オルガンは戦後、横浜の大塚楽器商会から販売されたとのことですので戦後かなとも思います。 親類の方は家を処分するに際し、もう弾くものがいないので残すべきかどうか迷われているようです。処分を急がれているので、至急 このオルガンの情報をご存知の方はお教えいただけないでしょうか。


Re:堀田オルガンの情報を  投稿者:特になし  投稿日:2019年04月13日 09:00:59  No.580002
I P:153.226.45.125
これまでにヤフーオークションで何度か出品されたのを見ましたが引き合いはなかったと記憶しています。
61鍵ではなくもう1オクターブ多い機種であればほしい方がいるかもしれません。



Re:堀田オルガンの情報を  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2019年04月14日 15:20:42  No.580003
I P:175.132.146.234
たしか東京都文京区のふるさと歴史館では堀田オルガンが展示されて
おり
ました。地元の博物館とか教育委員会に引き取りをお願いしてみたら
如何でしょうか。



Re:堀田オルガンの情報を  投稿者:耕作者  投稿日:2019年04月18日 13:14:48  No.580004
I P:220.208.243.75
情報 ありがとうございました。
知人にその旨 伝えようと思います。



[579] 堀田オルガンの情報を  投稿者:耕作者  投稿日:2019年04月12日 23:14:19  No.579001 [返信]
I P:220.208.243.75
知人が親類の家のオルガンを見てほしいということで、伺いました。蓋裏のラベルには「HOTTA 鷲のマーク ORGAN」と明記 61鍵 1列半笛、ストップ無し 内部に検査票の紙片があり「型式3号 株式会社堀田楽器製作所 4名の検査印」の記載がありました。製造番号は発見できませんでした。形状が通常の形ではなく、写真などで時々見るピアノを思わせる形をしています。多分、大袋と小袋が、金魚型にみられるように横置きになっており、ペダルを踏むと上下に開閉する構造になっているので、足元はペダルがあるだけで開放状態になっている関係でピアノぽい形になっているのだと思います。リードは真鍮製でアルミではありませんでした。これを弾いておられた親類の方はすでに亡くなられていますが、生きておられたら88歳ぐらいだとのことです。知人の話では、仙台に住んでいた小さい時にかっていただいたとのことで戦前のものではないかとのことでした(確証無し)。しかし、赤井氏の「オルガンの文化史」によると戦後、横浜の大塚楽器商会が販売したとのことで、戦後のものではないかとも思われますがいかがでしょうか。知人によると家を処分するので、残すほど貴重なものなのかどうかの判断に迷っているとのことです。私も判断に迷っています。どなたか、ぜひこの楽器に関する情報を至急いただけたらと思います。急いでおられるようでした。よろしくお願いいたします。


[578] 「あの日のオルガン」  投稿者:mihori  投稿日:2019年03月10日 17:14:13  No.578001 [返信]
I P:175.177.5.46
「あの日のオルガン」は、戦時中の品川区戸越にあった保育所が舞台となっているお話です。

下記のHPで情報がご覧いただけます。
しなロケ事業の一環で、2月22日公開予定の映画「あの日のオルガン」の監督 インタビューをご覧いただけます。


内容 
映画の見どころや監督が持つ品川区の印象などの貴重なお話。
インタビュー動画は映画公開のタイミングで、しなロケHP上に掲載される予定だそうです。


◆しなロケHP
https://shinagawalocation.jp/information


「あの日のオルガン」について
◆出演
 戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣、田中直樹、橋爪功
◆スタッフ
 企画:鳥居明夫、李鳳宇
 監督:平松恵美子
 製作:「あの日のオルガン」製作委員会
 配給:マンシーズエンターテインメント
◆ストーリー(作品HPより)
 戸越保育所の主任保母・板倉楓は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を模索していた。別の保育所・愛育隣保館の主任保母の助けもあり、最初は子どもを手放すことに反発していた親たちも、せめて子どもだけでも生き延びて欲しいという一心で保母たちに我が子を託すことを決意。しかし、ようやく見つかった受け入れ先はガラス戸もないボロボロの荒れ寺だった。幼い子どもたちとの生活は問題が山積み。それでも保母たちは、子どもたちと向き合い、オルガンを奏でるなど、みんなを勇気づけていた。戦争が終わる日を夢見て…。そんな願いをよそに1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を襲来。やがて、疎開先にも徐々に戦争の影が迫っていた―。
◆作品HP
 https://www.anohi-organ.com/
◆公開
 2019年2月22日(金) 新宿ピカデリーほか全国公開


情報提供でした。





Re:「あの日のオルガン」  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2019年03月26日 04:24:13  No.578002
I P:175.132.146.234
mihoriさん;いつも情報をありがとうございます。

私も映画を見ました。オルガンはわりあいしっかりした状態でした。

演奏はピアノ式で感心しませんでしたが、若い人なので仕方ない。

私の母親の実家は、3月10日の空襲で焼失しております。だから

空襲被害は他人事ではないんですよね。わざと住宅地を囲むように

焼夷弾を落とした作戦で、民間人の逃げ場がないようにしたのです。

結果、多くの民間人が亡くなっており、明らかに戦争犯罪だったと思っ

ています。

都会で飼われていた動物だって逃げられずに沢山死んだでしょう。

オルガンは木製だから、どれだけ多くの楽器が空襲で失われたか、

空襲被害は想像を超えています。20年後にはベトナムで同じことが起こ

りました。

今の日本は平和ですが、憎しみをあおるような政治宣伝が今も各国で

続いているのでは?



[577] 3月のリードオルガン美術館情報  投稿者:mihori  投稿日:2019年03月10日 19:09:49  No.577001 [HOME] [返信]
I P:175.177.5.46
3月21日(木・祝)春分の日は、森の中でBachに浸りませんか?

八ヶ岳リードオルガン美術館でBach in the Subways!!!!!

バッハ・イン・ザ・サブウェイズの始まりは、2010年NYの地下鉄。
チェロ奏者デール・ヘンダーソンは「100年後、クラシック音楽はこの世から なくなっているのではないか?」という危機感を持ち、たった一人で街ゆく人々に音楽の贈り物をする活動を始めました。そしてその精神は2015年、世界 39カ国129都市以上の数千人の音楽家に広がり、まさに地球規模のムーヴメントになりました。

日本では2015年から開催されているそうです。
2019年のコンサート予定もサイト上でご覧いただけます。

Bach in the Subways日本語サイト
世界の演奏会場が分かります。
https://bachinthesubways.org/?lang=ja


八ヶ岳リードオルガン美術館
平成31年3月21日(木・祝)
開場13:30 開演14:00 
演奏:
原規之(リードオルガン・指揮)
上野目美穂里(ソプラノ)
上野目泰之(バス)
市橋なぎさ(ソプラノ)
岩瀬裕夏(パイプオルガン)
Shunn(ピアノ)
西辻善則(アコーディオン)
下川れいこ(リードオルガン)

使用楽器
bosch Pipe Organ
Estey Madam E 13stop 1887アメリカ 他

どうぞ、お楽しみに♪

当日は コンサートの趣旨により入館料含め無料となります。

お電話にて ご予約下さい。
(会場の広さの関係で、先着50名のみです。ご了承ください。)
080−5532−2126



[576] 風の中にうたが聴こえる  投稿者:fuukin  投稿日:2019年03月09日 23:33:46  No.576001 [HOME] [返信]
I P:27.83.148.249
歌とリードオルガンのコンサートのご案内

風の中にうたが聴こえる

様々な国々の大地から風にのせて生まれてきたような歌や曲を集めてみました。お近くの方はどうぞお出かけください。

209年3月31日(日)14:00開演(13:30開場)
東京オペラシティ 近江楽堂
http://www.oumigakudou.com/cn26/cn7/pg3939.html

ソプラノ:井上由紀
リードオルガン:相田南穂子

プログラム
秘 密:フォーレ作曲 シルヴェストル作詩
ロマンス:ドビュッシー作曲 ブルジェ作詩
エル ヴィート:オブラドルス作曲 スペイン民謡
メロディー:ビゼー作曲
「草陰の小径にて」より : ヤナーチェク作曲
「白いうた 青いうた」より:新実徳英作曲 谷川雁作詞


チケット 全自由席 前売2000円/当日2500円




[575] 宮沢賢治の音楽世界  投稿者:パンプオルガンの会  投稿日:2019年02月16日 00:10:21  No.575001 [HOME] [返信]
I P:27.83.148.155
宮沢賢治の音楽世界 
〜歌、朗読、笙、リードオルガン、SPレコードによる〜

…雲からも風からも 透明な力が そのこどもに うつれ…

2019年3月15日(金)19:00開演(18:30開場)

全席自由 3500円

武蔵野市民文化会館小ホール
TEL:0422-54-8822(窓口のみでチケット取り扱い中)
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/bunka/top.html

出演 お話・朗読・リードオルガン 佐藤泰平
   お話・朗読         木内みどり
   朗読            たかぎひろみち
   歌             川口京子
   笙             岩波滋
   リードオルガン       相田南穂子

   賛助出演          東京男声合唱団有志

演奏会…?朗読の会…? では研究発表会…?

いえいえ、そんな堅苦しいものではないのです。

ただ名付けるのがとても難しく、それこそが『宮沢賢治の音楽世界』なのかもしれません…

ご来場の皆様とその世界を少しでも共有出来る、素敵な時間が過ごせましたら幸いです。

お申込み・お問合せ 
お問合せ先:佐藤 022-278-7756(電話・FAX) または 022-719-0341(電話)





[574] 「 リードオルガンコンサート」  投稿者:風琴工房  投稿日:2019年01月30日 15:59:07  No.574001 [返信]
I P:153.164.102.70
「歌は風にのせて リードオルガンコンサート」
〜明治は遠くになりにけり〜
日時 : 2019日年2月1日(金) 開演 14時00分(金)(13時30分開場)
会場 : 東京都新宿区矢来町25 日本キリスト教団エパタ教会
     東京メトロ東西線神楽坂駅2番出口より徒歩8分 
    都営大江戸線牛込神楽坂駅A1出口より徒歩12分
ソプラノの山本 富美さんによる歌をお楽しみいただきながら、
明治の唱歌、流行歌などをご一緒に歌いたいと思います。

演奏 : 相田南穂子(リードオルガン),山本 富美 (歌)
主催 : うた風工房
料金 : 任意での運営資金のご協力をお願いします。(予約制40名)
問合せ : utakaze@ae.auone-net.jp 090-9242-6718



[573] 春のリードオルガン修理講習会開催について  投稿者:yamato  投稿日:2019年01月12日 13:31:34  No.573001 [返信]
I P:153.137.33.129
天城山荘『第14回リードオルガン修理講習会』
日時 : 2016年2月28日(木) 〜3月1日 (金)  基礎メンテナンスクラス
     2016年3月1日(金) 〜2日 (土)  解体修理クラス
    対象者 : 奏楽者・リードオルガン愛好者・音楽関係者
会場 : 静岡県伊豆市湯ヶ島2860-1 天城山荘
講師 : 伊藤信夫・伊藤園子・相田南穂子(当協会会員)
内容 : 今回も基礎クラスと解体修理クラスに分けて講習会を行います。
    お申し込み方法を含めて詳しくは天城山荘HPをご覧ください。
        http://amagisanso.com/
参加費:各クラス19,000円(一泊三食) 両クラス37,000円(二泊六食)
主催 : 日本バプテスト連盟 天城山荘
申し込み締め切り:2月18日
お問い合わせ :電話(0558-85-0625) FAX (0558-85-1705)



[572] 2019年スタート  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2019年01月01日 06:35:06  No.572001 [返信]
I P:14.8.6.32
新年 あけまして おめでとうございます

皆様のご多幸をお祈りしております

リードオルガンの長い歴史に新たな経験が積まれる
良い年になるよう、ご協力をお願いいたします



Re:2019年スタート  投稿者:管理人  投稿日:2019年01月12日 14:26:21  No.572002
I P:222.5.201.166
おめでとうございます。
今年もたくさんのオルガンと出会えますように。



[571] オルケストラ・クラシカ第8回定期演奏会  投稿者:オルケストラ・クラシカ  投稿日:2018年12月28日 21:14:03  No.571001 [HOME] [返信]
I P:125.195.101.178
室内管弦楽団オルケストラ・クラシカは、大阪フィルハーモニー交響楽団首席オーボエ奏者・大森悠の提唱のもと、2013年に発足しました。東京大学音楽部管弦楽団のOBを中心に、優れたプロ奏者の支援を得て演奏活動を行っています。

■日時:2019年8月25日(日)14:00開演

■会場:武蔵野市民文化会館 小ホール
〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-9-11(JR「三鷹」北口より13分)
http://www.musashino-culture.or.jp/sisetu/bunka/top.html

■入場料: 全席自由 2,000円

■音楽監督・指揮:大森 悠
http://orchestra-classica.com/aboutus

■オルガン独奏:室住素子*
https://www.arttowermito.or.jp/hall/hall02_edu.html?id=1202

■ゲスト・コンサートマスター:渡辺美穂
http://orchestra-classica.com/aboutus

■曲目:
ベートーヴェン/交響曲第1番
プーランク/オルガン、弦楽とティンパニのための協奏曲*
ヒンデミット/弦楽と金菅のための協奏音楽

■チケットお申し込み:
https://orchestra-classica.com/ticket

■お問い合わせ:
https://orchestra-classica.com/contact
e-mail: orchestra.classica@gmail.com

<演奏会情報>
Web: https://orchestra-classica.com/
Facebook: https://www.facebook.com/orchestra.classica/?fref=ts
Twitter: https://twitter.com/o_classica?lang=ja

*申し訳ございませんが、未就学児のご入場はお断りしております。



[570] 12/29は、クリスマスコンサート  投稿者:mihori  投稿日:2018年12月27日 03:26:38  No.570001 [HOME] [返信]
I P:175.177.5.25
みんなで歌おうクリスマス&ハレルヤ!!!
2018八ヶ岳リードオルガン美術館主催コンサートV

『八ヶ岳リードオルガン美術館で聴くクリスマス・コンサート』
12/29(祝)15:00-16:00
八ヶ岳リードオルガン美術館 チューリップホール

出演
指揮・ハルモニウム・リードオルガン 原 規之
クラリネットcl 原 真由美
ソプラノsop 市橋なぎさ
ソプラノsop 上野目美穂里
バスbass 上野目泰之

使用楽器
Mustel Kunst Harmonium 21stop 1910フランス
Estey Madam E 13stop 1887アメリカ
Mustel Celesta

どうぞ、お楽しみに♪

当日は 入館料のみで、お聴きいただけます
入館料 1000円 中学生以下 700円
お電話にて ご予約下さい。

一足お先に当日のプログラムは、以下のページまで。
→https://blogs.yahoo.co.jp/reedorgan02/folder/288983.html?m=lc&p=1
(写真はクリックすると大きくなります。)



[569] 明治村  投稿者:カフェ」浦和」  投稿日:2018年12月23日 08:22:49  No.569001 [返信]
I P:14.8.6.32
明治村に展示されている大型リードオルガンの
クラウドファウンディング、
目標額に到達したそうです。
http://www.meijimura.com/information/news/001641.html
よかったですね。



[568] リードオルガンコンサートのお知らせ  投稿者:tayori  投稿日:2018年12月08日 21:22:35  No.568001 [返信]
I P:182.158.234.144
クリスマスコンサートです

日時:2018年12月16日(日)14時から

場所:日本キリスト教団 新居浜西部教会
    愛媛県新居浜市北新町4番19号  0897-32-5625

演奏:田中依子

曲目:賛美歌(エッサイの根より 久しく待ちにし 世の成らぬさきに) 「高き空より我は来たりぬ」ヴァルター  「来たり給え異邦人の救い主よ」バッハ

使用楽器:西川オルガン(11ストップ) ヤマハ49鍵オルガン 
     共に1921年(大正10)製造

主催:日本キリスト教団新居浜西部教会  入場無料



[567] コンサートのお知らせ  投稿者:なおみ  投稿日:2018年11月19日 21:13:50  No.567001 [返信]
I P:58.3.27.117
リードオルガンコンサートを開催します。

日時:12月1日(土)、2日(日)
     どちらも13:30〜14:15

場所:日本キリスト教団 福岡女学院教会
    福岡市南区柳瀬1−41−32
     092(591)5627

演奏:多田なおみ

アドベント・クリスマスの曲を中心に演奏します。
入場無料。お気軽にお出かけください。





[566] ベビーオルガンがある映像  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2018年11月05日 15:30:53  No.566001 [返信]
I P:14.8.6.32
YOUTUBEにてベビーオルガンが写っている(だけの)映像を発見。
でも、どういう方々の中に置いてあるか、が大切なのかも。
以下のタイトルをそのままコピペしてYOUTUBEで観て下さいませ。

山本潤子/It's too Late /尾崎亜美、小原礼 (原語歌詞つき)



Re:ベビーオルガンがある映像  投稿者:浜の風音栓  投稿日:2018年11月09日 09:21:42  No.566002
I P:161.202.94.202
音楽も素敵です。
音楽スタジオか何処かわかりませんが、土壁、淡いブルーの家具、証明も含めその中にある茶色の木製ベビーオルガン。インテリアトータルとしてとても心地の良い空間に感じます。



[565] リードオルガンコンサートin ミュージアム  投稿者:tayori  投稿日:2018年11月01日 21:48:52  No.565001 [返信]
I P:182.158.234.144
毎年この時期、西条市郷土博物館で行われるコンサートです。
お近くの方どうぞおこし下さい。

日時:2018年11月10日(土)14時から

場所:愛媛県西条郷土博物館
    西条市明屋敷237-1 Tel 0897-56-3199(お問い合わせも)

演奏:田中依子

曲目:小学唱歌「海」「七つの子」「雨」 「イエスは我が喜び」ヴァルター 他

使用楽器:西川オルガン11ストップ  ヤマハ49鍵オルガン  
       共に1921年頃(大正10年)製造

主催:郷土博物館 入場無料



Re:リードオルガンコンサートin ミュージアム  投稿者:管理人  投稿日:2018年11月09日 12:26:49  No.565002
I P:160.23.172.69
> tayori 様

演奏会情報のご提供を有難うございます。
大勢のお客様をお迎えして楽しい演奏会と
なりますようお祈り申し上げます。
お返事が遅くなり失礼致しました。



[564] 立ち読み  投稿者:カフェ浦和  投稿日:2018年10月27日 16:19:35  No.564001 [返信]
I P:14.8.6.32
 映画化された「あの日のオルガン」、オルガンについて、書いて
あるかどうか書店で調査(立ち読み)。結果、ぜんぜん書いてない
のです。オルガンは全く作者の興味の外でした。2月公開の映画では
どうなったのか、まだ不明ですが、期待しない方がいいかも。



Re:立ち読み  投稿者:管理人  投稿日:2018年11月03日 05:27:45  No.564002
I P:222.5.201.166
> カフェ浦和さま

2019年2月公開ということなので、実際に観てから判断しましょう。



[563] 文明開化の音がする  投稿者:fuukin  投稿日:2018年10月24日 00:54:55  No.563001 [HOME] [返信]
I P:27.83.149.12
群馬県高崎市にあるアトリエミストラルでのコンサートのご案内です。
お近くの方は是非お出で下さい!

文明開化の音がする
明治維新150年記念コンサート

150年前の音楽シーンをここに再現!

演奏 箏:鈴木創 リードオルガン:相田南穂子 月琴:永田斉子

208年11月18日(日)14時開演 
一般:3,500円/高校生以下2,000円
  (10月中ご予約の方は500円引き)

会場:アトリエミストラル 群馬県高崎市下小鳥町312-4
   (駐車場有)

チケットご予約:027-361-1110

明治維新前後 人々が聴いていた箏、リードオルガン、そして月琴の音色をお聴きいただけます。

月琴は19世紀初めに中国から長崎に伝来し、幕末から明治にかけて全国的に普及した楽器ですが、後に衰退してしまった楽器です。

日本で育まれた古の音をお楽しみ下さい。

アトリエミストラル
https://atelier-mistral.jimdo.com/



Re:文明開化の音がする  投稿者:管理人  投稿日:2018年10月24日 08:56:31  No.563002
I P:222.5.201.166
> fuukin 様
演奏会情報を有難うございます。
楽しい演奏会となるようお祈りします。



[562] ヤマハ16号(燭台付)が出張します  投稿者:京都市学校歴史博物館  投稿日:2018年10月15日 21:58:12  No.562001 [HOME] [返信]
I P:126.31.250.253
明治150年京都のキセキ
京都市学校歴史博物館連携講座
唱歌とリードオルガンで綴る「明治のこころ」

リードオルガン解説  和崎 光太郎(京都市学校歴史博物館学芸員)
リードオルガン奏者  大森 幹子(元大阪芸術大学短期大学部保育科教授)

【唱歌指導】
堀田百合子・西村敬子・粟辻泰史・光野文代(ゴールデン・エイジ・アカデミー歌唱指導者)

京都アスニーにリードオルガンがやって来る♪どうぞお楽しみに。



Re:ヤマハ16号(燭台付)が出張します  投稿者:管理人  投稿日:2018年10月16日 06:10:47  No.562002
I P:222.5.201.166
> 京都市学校歴史博物館さま

リードオルガン伴奏唱歌講座のご案内を有難うございます。

日時:11/16(金)開場9:30,10:00〜12:00
会場:京都アスニー4階ホール
   京都市上京区入洛廻松下町9−2(アクセスは下記リンク参照)
参加費:無料(定員600名)
問い合わせ:京都アスニー事業係(075−812−7222)



No: PASS:
※Noは、日付の後ろについている「No.XXXX」の英数字になります。
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>